中小型ドラム缶
製品の特長
通常のドラム缶よりも小さい容量で、小回りのきいた活用ができます。ファインケミカル、食品、医薬品中間原体などの、定量販売並びに運搬、 保管用に適しています。
使用材料
ドラム缶に使用する鋼板は、JIS G 3141(冷間圧延鋼板)及び、JIS G 3131(熱間圧延軟鋼板)の規格品を使用しています。
クローズドタイプ缶(液体用)
呼び容量 L
内径 mm
外高 mm
板厚 mm
備考
120
450
838
0.8〜1.2
JIS 2種
100
708
80
390
748
0.6〜0.8
JIS 3種
60
571
50
483
40
371
30
286
526
05〜0.8
20
360
ペール3種
オープンタイプ缶(固体用)
呼び容量 L
内径 mm
外高 mm
板厚 mm
備考
155
508
807
0.8〜1.0
120
450
778
0.8〜1.2
JIS 2種
100
648
80
390
690
0.6〜0.8
JIS 3種
60
518
50
432
40
330
0.5〜0.8
 
備考
1. 高さを変えることにより、上記以外の容量の缶も製造可能ですのでご相談ください。
2. 容量は4%の空缶容量を見ております。
3. 材料は冷延鋼板、ステンレス、電気亜鉛めっき鋼板、及び溶融亜鉛めっき鋼板を使用しています。
4. 上記容量の中小型缶は、中ぶた式タイト缶(20Lと30L缶は不可)、天絞り缶、底絞り缶、ストレート缶及び内面塗装缶が製造可能です。
 内面塗装缶には、エポキシ樹脂系等の塗料を塗装したものと、ポリエチレン粉体を静電塗装したものがあります。

 
項目
内径
Di
mm
外高
Ho
mm
チャイム mm
輪帯
a
mm
輪帯の位置mm
容量
L
質  量kg
摘要
トリプル
h
ダブル
h
c
A
B
C
H級
M級
LM級
L級
数値
567
890
22
24
7
295
300
295
212.0
27.5
20.5
18.0
17.0
許容差
±3
±5
±3
±3
以上
±5
±5
±5
以上
以上
以上
以上
以上

| CLOSE |